少女マンガがスキ!大人の少女漫画ポータルサイト

じっくり漫画紹介

古い作品はネタバレしているものもあります、ご了承ください。

2 / 212

5154N3J45ML._SL160_

際立つ2人のヒロイン「ナナ」の女の人生を描く大人気作。矢沢あいの集大成か『NANA』(矢沢あい)

ねえナナ、私たちの出会いを覚えてる?

1999年に連載が始まりちょっとした社会現象にもなった矢沢あいの大ヒット漫画「NANA」は、同じ”ナナ”という名前を持つ2人の少女の...[続きを読む]

51fnE06o+oL._SL160_

天国ラブワゴンの恋の行方は?同じ日に死んだ男女が生き返りをかける『僕らはみんな死んでいる♪』(きら)

本作は、今までの作風とはがらりと変わった、作者の新境地ともいえるべき作品。 なんといってもタイトルが、「僕らはみんな死んでいる♪」。 このタイトルを聞いてわくわくする人にこそ、読んで欲し...[続きを読む]

31waAMTkFuL._SL160_

エンターテナー清水玲子の壮大な世界観、語り継がれる御伽草紙ファンタジー 『輝夜姫 (清水玲子)』

週刊連載で破竹の勢いで進んでいく少年漫画や永遠に連載するんじゃないかと思われる作品もある青年漫画などと違って、少女漫画での長期連載というのは割合的に少ない。少女漫画というのは少女の感情描写や恋愛の機微...[続きを読む]

217B9AF0AJL._SL160_

取替再婚で同級生と同居!90年代の大ヒット漫画 『ママレード・ボーイ』(吉住渉) 

親の都合で年の近い男の子と同居生活…少女漫画では人気のあるジャンルのひとつ同居もの。なかでも有名なのが、渉クンこと吉住渉の代表作「ママレード・ボーイ」、90年代りぼん読者の思い出の漫画です。 同...[続きを読む]

216TVF5APWL._SL160_

犬と人間の青春生活! 世界で一番素敵な関係『まっすぐにいこう。』(きら) 

作者のきら先生はこの作品がデビュー作でしかも連載当初はまだ高校を卒業したばかりだと聞いて、本当に驚いた。「まっすぐにいこう。」はまるでベテランのような面白さだった。 どうしてこんなに素敵な漫画が描け...[続きを読む]

51oWR1BraIL._SL160_

「”恋愛”漫画」ならぬ「”部活”漫画」 眩しいほどに青春だ 『青空エール』(河原和音)

同じ別マで連載中の「君に届け」を初めて読んだ時もそのピュアぶりに驚嘆したのですが、さらに輪をかけて「ザ・青春」を描いているのがこの「青空エール」。もうタイトルからしてやばいです。青い空と白球と応...[続きを読む]

51H6yWDRfHL._SL160_

女の子はいつだって自分が主役の恋物語を夢みちゃう。でも思い込みが過ぎると…『ヒロイン失格』(幸田もも子) 

「ヒロイン失格」は、別マで連載していた幸田もも子先生の作品。 この作品は「自虐コメディ」のキャッチフレーズの通り、ヒロインの痛さっぷりが笑える学園ラブコメだ。 女子高生はとりは、...[続きを読む]

212E8B6TDNL._SL160_

読者に向けた優しさにあふれた大ヒット魔法少女漫画 『姫ちゃんのリボン』(水沢めぐみ)

「姫ちゃんのリボン」は、女の子が大好きな魔法少女をヒロインにした、作者・水沢めぐみの代表作。少女のあこがれの世界が出だしからふんだんにつまっている本作は、今でも根強い固定ファンを持っています。 ...[続きを読む]

21CQ2BBYPFL._SL160_

元なかよしの看板作家が描く演劇少女の成長物語 『なな色マジック』(あさぎり夕)

あさぎり夕といえば、80年~90年代にかけて「なかよし」の第一線で活躍していた漫画家で、今30代の元なかよし読者なら彼女の名前は必ず知っているでしょう。 「なかよし」と言えばあさぎり夕というくらい当...[続きを読む]

51MNPY56BGL._SL160_

受験生の御用達参考書にして、大人の女性の恋愛指南書『あさきゆめみし(大和和紀)

かの古典「源氏物語」を少女漫画界の大御所大和和紀が漫画に書き起こした名作「あさきゆめみし」、学生時代古文へのとっかかりにと読んだ人も多いと思われます。オリジナルの雅な世界を豪華絢爛な絵で美しく再...[続きを読む]

31JHJY8BFSL._SL160_

怒涛の鬱展開・豹に変身する少女の哀しき宿命 『闇のパープル・アイ』(篠原千絵)

少コミの看板作家でもあったミステリー&ホラーの名手・篠原千絵。先が読めない展開の早さで一気に読ませ、読者をストーリーにぐいぐい引き込む力量を持った漫画家です。彼女の作品には、日常の中の恋のときめき、な...[続きを読む]

61BW2zt1DNL._SL160_

全国の元ぴょんぴょん読者にささげる、愛と冒険のファンタジー 『愛の戦士ヘッドロココ』(藤井みどり) 

皆さんは「ぴょんぴょん」という雑誌を覚えているでしょうか。 20年程前に小学館から発行され、残念ながらたった4年で「ちゃお」に吸収合併されてしまい、そのため雑誌の存在自体がごく一部の年代までしか知ら...[続きを読む]

2 / 212